よい子の低空飛行人生を生きてませんか?

こんにちは
生きづらさを生きやすさに変えるお手伝いをしています
心理セラピストの ひがしさやか です。

よい子の低空飛行人生って、なぁに?

さて、今回のテーマは
「できない自分」と向き合えますか?
「できない自分」をあきらめていませんか?

に続く…関連記事第3弾です★

「できる自分」「できない自分」どちらも持ち合わせている場合のお話し。

「低空飛行人生」とは
どちらの自分も行ったり来たりした結果…
そこそこ良くて、そこそこ残念な人生のことです…(涙)

何が悲しいって、
自分の本当に生きたい人生、やりたいことをやろうとした時に
だめで、できない自分が出てきて、自分の人生を潰しちゃうこと。

だけど、そこそこよいから、それに気づけなくて「私はここまで」とあきらめやすいんです。

自分の能力を出し切ってないのに。

「器用貧乏」とか、
「いい人なんだけどね」

って言われて、透明人間扱いされちゃうタイプ。

それが今回のテーマ、よい子の低空飛行人生。

うぐぐっ!と胸につかえるものがある方は続きをどうぞ。

〈そこそこ優秀…だけど目立たない〉Jさんのケース

Jさんは30代後半の会社員。

頑張ってはいるのに、自分が思うような活躍ができないと感じています。

Jさんは、上司の期待に応え、模範的に仕事をすることは得意なのですが、独創性や、自己主張が必要な場面は苦手でした。

また、もう一歩突出するような場面に遭遇すると、いつも自分の能力を最大限、発揮できないのです。

頑張っているのに

良すぎず、悪すぎず…自分らしさを最大限に発揮できない。

Jさんの中で何が起こっているのでしょうか?

親の期待どおりの「ほどほどによい子」を生きている

Jさんは、実は大人になった今も親の価値観の中で、生きつづけています。

無意識に。

子どもは、親の価値観の範囲の中で育っていきます。
特に幼少期は、親の生き方、望み、価値観を丸呑みにして取り込みます。

子どもはそういうやり方で、人生を生き延びる方法を学んでいくのですね。

親の期待通りのほどほどによい子は、親からこんなメッセージを無意識に取り込んでいます。

「ダメでできない子にならないで」
「でも、私を超えてできるのはダメ」


親自身が、自分の「ダメ」な部分、「無価値感」を感じたくなくて、自分がOKできる範囲に収まるように、子どもをコントロールしてしまうのです。

もちろん、無意識ですが。

図にすると、こんな感じです。

正反対のメッセージを同時に受け取る、ダブルバインド(二重拘束)状態…。

小さな子どもにとっては、親のOK範囲から出ることは、「死」に等しい恐怖です。

親も「危ない!」と言って、子どもを止めます。
でも、それは実は親の中の恐怖に過ぎないのです。

親によっては、子どもが親の価値観の範囲を超えて、イキイキと振る舞うのが憎くて、あからさまに怒りをぶつけているケースもあります。

でもそれは親が自分らしく自由に人生を生きてこられなかった、親自身の未完了の問題です。

その問題を刺激しないように、子どもは、自分らしさをどこかに置いて、親の価値観の範囲に収まりにいくのです。

子ども時代はこれで、生きてこられたのですね。
ですが、大人になってもこの価値観の中で、無意識に生きていると…

●自分の能力を発揮しようとする時
●自分がやりたいことをやる時
●自分らしく人生を生きようとした時


無意識に自分の力を抑えて、親の価値観の範囲に留まろうとしてしまうんです。

そう、だから低空飛行人生なんです(涙)

この生き方の一番の問題は

「自分の人生を生きられないこと」

自分の望む人生を、〈自分から〉生きない道を選んでしまうんです。

親じゃなくて、自分がそうしちゃうんですよ!?
そんなの、悲しいですよね。

親のOK範囲を超えて、自分の力を発揮して生きるには?

子どもの頃は、親の価値観の中で生きることで、ここにいることを許されていたんですね。

でも本当に子どもが欲しいのは、「できてもできなくてもただ、ここにいていいよ」という安心感。

「できないことがあってもここにいていいよ」

「できるようになってもいいよ」

「私を超えてもいいよ」

「自分らしく生きても愛しているよ」

そこに許可ができたら…子どもは自然と自分らしく自分の能力を発揮して、生きていくもの。

そういう安心感が得られなかった、

悲しさ

怒り

親の範囲を超える恐怖

親を喜ばせられない無価値感

思うような愛情がもらえなかった絶望感


それらを感じきって、自分で自分に

【できても、できなくても、力を発揮してもいい!自分らしく生きてもいいよ!】

って許可を出していくこと。

そうすることで、低空飛行人生から抜け出していけるようになります。

そもそもね、親の価値観から卒業して、自分の世界を築いていくのが、自立です。

もう、親を喜ばせなくてもいいんです。
それは、子どもの役割じゃないから。

高く、自由に大きな空を飛んでいきましょ!

ソコソコ「できて」ソコソコ「できない」人生を卒業しよう

「できる」「できない」どちらの自分も持っているな〜…

というあなたにオススメの1DAYセミナーがこちら。

親のOK範囲を超えて…自分らしい人生を生きたいあなたにきっと役に立つと思います。

セッションを受けるチャンスもあります。
リトリーブサイコセラピーのセッションを見てみたいという方もぜひ!

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで