不幸な恋愛パターンを卒業したい⑦〜幸せが怖い!さんの場合

こんにちは。
リトリーブサイコセラピー協会 公認心理セラピストのひがしさやかです。

今回は、恋愛のお悩みシリーズ第7弾💔をお送りします!


前回までの恋愛シリーズ記事はこちら↓↓

こんにちは。生きづらさを生きやすさに変えるサポートをする、心理セラピストの ひがしさやか です。 実家、石川県に帰省してました。今回
本日は、前回からシリーズでお届けしている恋愛のお悩み第2弾です★前回の記事はこちら https://hare-labo.com/2
こんにちは、リトリーブサイコセラピーという心理療法を使って、心の問題の根本解決をお手伝いしている 心理セラピストの ひがしさやか です!今
こんにちは、リトリーブサイコセラピーという心理療法を使って、心の問題の根本解決をお手伝いしている 心理セラピストの ひがしさやか です今日
さて、1月は個人の主催で少人数制のプチセミナーをしようと思ってます。テーマは今、シリーズでつづっている恋愛に関連して…「愛着」をテーマ
新型肺炎、インフルエンザ。心配なニュースが多いですね。私は年始に引いた風邪が長引いて、咳が止まりません(涙)回復が遅くなったのは、お歳

では、さっそく本題にいきますね。

本日のテーマは…

「幸せへの破壊衝動」

です。

ちょっと信じられないかもしれませんが、

世の中には
「幸せになるのが怖い」
って感じてる人がたくさんいます。

セラピストの実感として、結構感じるんです、これ。

誰だって、当たり前に幸せになりたいものだって思いますよね?

私だって、幸せになりたいって思ってた一人でした。
でもね、潜在意識を掘り下げていったら、

まさかの…

「幸せになっちゃいけない」

って思ってたんです。

これを持ってたらどうなると思いますか?

恋愛が安定するほどに、
幸せが近づくほどに、

恐怖が湧いてきて・・・

幸せな状態を壊したくなってしまうんです。

今、あなたは幸せですか?

「なかなか幸せになれない」

「いつも不幸な出来事が襲ってくる」

「恋愛がいつもうまくいかない」

どんなに頑張っても幸せが訪れないとき…

もしかしたら、無意識に幸せへの破壊衝動が発動してるかもしれません。

幸せが怖い!さんの場合

こんな恋愛のお悩みはありませんか?

  • 幸せは永遠に続かないと思う
  • 幸せな関係が続くと怖くなる
  • 好きだ、と言われても受け取れない
  • 恋人との関係が落ち着いてくると、退屈になる
  • 付き合ってもどうせいつか壊れる関係だと思う
  • 人の温かさが気持ち悪い
  • 一番好きな人には近づけない
  • 好きすぎて自分から別れを切り出したことがある

幸せな恋愛をしたいのに、それが一向に実現しない…
それはあなたが「幸せが怖い!」からかも。

幸せを拒絶したいとき、何が起こってるの?

無意識に幸せになるのを拒絶してしまう場合、、、
次のような体験が考えられます。

●いつも不幸せそうなお父さんお母さんの顔を見てきた
 →親が情緒不安定、我慢する人、病弱だったなど

自分だけが幸せになってしまうことに罪悪感があり
親を見捨ててしまう気がしてしまう・・・

●家庭環境が不安や恐怖に満ちていて、その環境に慣れ親しんできた
 →虐待・DV・夫婦喧嘩・嫁姑の不仲・兄弟間の争いなど

幸せになると攻撃される・・・
不幸でいる方が、自分らしくてどこかホッとする・・・

●幸せなことがあっても、いつも壊されたり、奪われたりしてきた
 →兄弟姉妹で両親の愛情を奪い合ってきた、親から搾取されてきた、親兄弟の嫉妬など

どうせ手に入れても台無しになる・・・

●幸せが壊れる経験をした
 →両親の離婚、離別、死別など

二度と幸せが壊れる絶望を感じたくない・・・

このような体験が、自分が幸せになることに
強烈なブレーキを生みだします。

幸せを感じる状況が恐怖になります。

幸せになってしまったら・・・

誰かを見殺しにする
罪悪感を感じる
孤独になる
攻撃される
嫉妬される
壊される
失う

このような感覚から、体が幸せを拒絶してしまうんですね。

私の体験・・・

因みに、私はセッションでこれを実感したとき

目の前に両親のイスがあって
「幸せになってもいいですか?」
と聞くように促されました。

その瞬間、
巨大な恐怖と罪悪感が襲ってきて
パニックになりながら
イスから転げ落ちました。。。

生まれてきてごめんなさい
二人を苦しめてごめんなさい
こんな私が幸せになるなんて
とんでもない

こんな気持ちでした。

その時の私は
自分の存在が、より家族を
不幸にしてると思い込んでいて・・・

幸せを自分に許すなんて
とてもじゃないけど
できない状態だったんです。

まさか自分の中にそんな感情があるなんて
……びっっっくりしました。

((幸せになったら、罪悪感で死にたくなる))

私の場合、これでした

そりゃあ、幸せになれないし
幸せになるのが、怖いの当たり前だわ…
と、心底腑に落ちたのでした。

幸せへの破壊衝動

さて…

ずーっとこの感覚を続けていくとしたら

未来が想像できると思うんですが…

絶対、一生、幸せになれませんよね。

本当に悲しいけど。

これに気付いた時、私は過去の恋愛が
走馬灯のように駆け巡りました…

あれも、これも、あの不安も、あの怒りも

幸せへの恐怖だったのだと。。。

 私なんかに本気なわけない!

 →私はどうせ二番手

  →この幸せはいつか壊れる

   →壊れるなら、今、壊してしまえ!

(妄想の4段活用www)

幸せになると不安になり、相手を疑い、いつか壊れる妄想に耐えられなくなり、イライラし、自ら関係を破壊する

ハカイダーだったわー…

これだけ読むと、やばいやつやんね、わたし。

そう、これを持ち続けると

幸せを避けるだけではなく、
手にした幸せさえ、自分から手放し
ひどい場合は、自分から壊してしまうことになりかねないんです。

中には、幸せなのに、離婚しようとする人だっているんですよ。

人は無意識に持っている価値観を証明しながら生きます。

「幸せはいつか壊れる」
「私には幸せはやってこない」

もし根底にそんな価値観を持っているとしたら
それを確実に実現させていきます。

脚本衝動とも言います。
本当に怖いのです。

心当たりある方は、早めに解決して、
自分のために幸せな恋愛を選べるようにして欲しいなと思います。

まとめ

自分に幸せを許せると、心が本当に軽くなります。

あなたが幸せになることと、誰かの不幸は関係がありません。

誰かの幸せの責任を過剰に背負ったり
誰かの嫉妬や攻撃にさらされる恐怖を使って、自分を止める必要はないんです。

誰かのために不幸でい続けなくていいんですよ。

幸せへの恐怖心は一刻も早く手放して
幸せを掴んでいきましょうね

まして、自分から壊すなんて、ダメ。絶対!

それではまた!

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで