自己重要感を育てることが、どうしてそんなに大切なの?

こんにちは、生きづらさを生きやすさに変えるサポートをしています、心理セラピストの ひがしさやか です。

ここのところ、恋愛のお悩みシリーズでお届けしていますが、今回はちょっと休憩して…

「就活うつ・婚活うつを通してみる、自己重要感を育てることの大切さ」

について、書いていきたいと思います。

自己重要感を育てることの何がそんなに大切なのよ??

就活や婚活って、

短期間のうちに、履歴や人となりを紹介して

簡単に表現すると

「いる」
「いらない」

と振り分けられるわけですよね。

誰かと比較されたりして。

周りが就職内定している中、自分だけ内定が決まらなかったり…

周りが結婚していく中、どんなに沢山の人と会っても、結婚につながるご縁がなかったり…

そういう時に、

よっぽど、自分の軸が座っていて、自己重要感が持てていないと

お断りされるたびに

「お前はいらない」
「価値がない」
「好きじゃない」
「必要じゃない」

=「死ね」

って、

これまでの人生や、自分の存在を

丸ごと否定される感覚になる人

って、実は結構いるんじゃないかって思うんです。

それが長期化されて、繰り返されれば、そりゃぁうつにもなりますよね。

そして、死にたくなります

実際に自殺してしまう人もあるように。

「不合格=存在の否定」だったあの頃

・・・実は、私もこの気持ちすごくよくわかるんです。

私は、役者時代に、沢山のオーディションを受けて、落ちまくる経験をしました。
ほとんどが、落ちるんです。
渾身の力を出して、それこそ命がけで挑んでも、容赦なく落ちる時は落ちる。
あっさりと。
会えずに、紙切れ(書類)だけで落ちることもまま。

今だからわかるけど、私はこのころ、バッチリと

「不合格=存在価値ない」って回路だったので

歳を重ねるごとに、オーディションが苦痛になりました。

だんだん無気力感が大きくなり、自分に自信を失い、自分は「だめ」という感覚が強化されて、おそらくうつ気味だったんじゃないかと今にして思います。

それが積み重なってある時、舞台に立つのが恐ろしくなったんです。
そして、死にたくなった。

周囲の評価軸に翻弄される、存在価値

今回はご縁がなかった とか
これが全てじゃない とか

言葉ではいくらでも励ましや捉え方があっても、自分の中に入ってこないんですよね。そういう時って。

何故なら、そもそも無意識に持っている、自分の前提がそもそも

「いらない存在」

という感覚だから。

自分の存在に対して自信がないから、周りの評価軸に振り回される

周りから評価があれば、存在価値が高まり、評価がなければ存在価値を失う。
誰かに必要としてもらえたら、「いらない」は「いる」になってギリギリ生き延びられる。

自己存在がどこまでも危ういんです。

自分の内側に「何もできなくてもただそこに生きてていい」って土台がないと、こんな風に何かの拍子に根っこが露わになって、あっと言う間に、自分の存在が崩れ落ちてしまいます。

日本人には、割と多いと思うんです。
外側の評価基準で、存在を確認して生きる生き方って。

でも、外側から得られる承認や価値は変動します。
それで自分の存在を満たそうとしても不安定であることに変わりはない。
いつまでも、もっともっとと追い求め続けなければなりません。

そんなこと、いつまで続くでしょうか?

だから、自分で自分の存在に許可を出していく、自分の内側に土台を作っていくことが、とっても重要なんです。

「何かができてもできなくてもだたここに生きてていい」

それを自分で築いていくこと。

それができると、

他人の意見に振り回されなくなります。

ご縁がなくて、ショックを受けても自分を支えることができます。

断られたからといって、存在価値がなくなることじゃないとわかります。

ダメで情けなくて劣等感だらけで、どうしようもない自分も受け入れることができます。

私の変化・・・

ちなみに、私は自分の存在価値がぺしゃんこになった時、、、

ガッツリ断捨離をしたんですね。

その時は意識してなかったけど、とにかくいろんなもので無価値な自分を誤魔化しているのが嫌になって捨てたんです。

過去の作品とか脚本とか、山のようにあるメイク道具とか、洋服とか、ブランドの鞄とか。
しがみついて放せなかったもの、心の鎧にしてたもの…、思いっきり捨てました。
セラピスト仲間の間では信じられないと笑われてるけど、この時に、基礎化粧もやめたww(今は、寄る年波に勝てず使ってますよー)

しがみついてる過去の経歴、嫌いな顔を隠して塗りつぶすもの、コンプレックスだった容姿を誤魔化すもの、そういうのを、全部剥いで、いいも悪いも、底辺で無価値だと思ってる自分のありのままを自分が直視することから始めました。

嫌でしょうがなかったけど

これが自分なんだから、受け入れろや!

って自分に怒ってたような気もします…。
なんかもう、頑張りすぎてクタクタに疲れてたしね。

でも、すっきりした。

裸一貫な気分ねw

な〜んにもない、0以下の存在と思ってる自分から歩きはじめて、6〜7年くらい経ちました。

今ね、今、すごーく生きるのがラクになりましたよ。

誰かと比べなくなったし、

思っていることをずいぶん素直に表現できるようになった。

変に自分を飾ったり、大きく見せることもなくなったし、

誰かの承認がないと不安になることもなくなった。

欲しいものを欲しいと素直に言えるし、

失敗してもムダな落ち込みがなくなった。

刺激がなくても、ささやかな日常に幸せを感じられるようになって

ゆるやかに地に足が付く感覚で生きてます。

これね、心理セラピーを通して、自分の中の自己重要感、自己肯定感を育ててきたからなんです。

さて、そんな私お得意の自己肯定感を育てる…をテーマに1DAYセミナーを開催します。

ぜひ、皆さまのご参加をお待ちしています。

あの、、ブチギレて断捨離とか、過激なことはさせませんので、ご安心くださいね…

それではまた!

イベントは終了しました ★

自己肯定感を育てて生きやすくなる
1dayセミナー @東京

日時 :11月30日(土)10時〜17時
受講料:8,800円

★詳細はバナーをクリックしてくださいね↓↓↓

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで