山梨ワインと、お酒の量が減った話

10月1日…今日から消費税10%やってきましたね〜

さて、
先日、山梨のセラピスト藤本あ礼さんを訪ねて

ぶどう狩りツアーに行ってきました

美しい巨峰たち❤︎

あま〜い!!!!

と連呼する女子セラピスト集団(笑)

自然ゆたかな場所でいただく巨峰は

格別でした。



そのあとは、

山並みを眺めてドライブを楽しみつつ

ぶどうの丘へ移動。

200種類のワインを試飲できる

魅惑の(笑)ワインカーヴを

体験してきました。

こんな感じでズラ〜〜っと並んでます

みよ!

このご機嫌なさまを!(どや!笑)

脇、ひらいてるもんね

注いでる姿がおっさんです。

山梨のワインて、美味しいんですね〜〜

ぶどうの種類やワイナリーによっても

味の系統や、雰囲気もそれぞれ。

たくさん飲んで、比べてみると

自分の好みもわかってくるものなんです。

お!これ好きだな

と、思うと、好みの系統が似てる!

私は、ぶどうは「マスカット・ベリーA種」

ワイナリーは「イケダワイナリー」「まるき葡萄酒」

に惚れました❤︎

(忘れるから、ここでメモw)

*・*・*・*・*

さて、この日は6人で出かけたのですが、
お酒を飲んだのは3人だけ。

実は、セラピストさんて、
昔は飲んでたけど、

「もう、お酒はいらなくなった」
「前ほど、飲まなくなった」

という方、とても多いんです。

「心理セラピーを受けてお酒の量が減る」
って、実はあるあるなのです。

私もそのひとり。

飲みすぎて困る…という趣旨のセッションは
受けたことはないのですが、

いつの間にか、量が減ったばかりか、
飲んでも飲まなくてもいいや〜
って感じになりました。

セラピーを受けてお酒の量が減る理由は
さまざまだと思いますが、ザックリいうと

お酒を飲む理由になっていた心理的な問題が減るから

これに尽きます。

例えば、
お酒を飲みすぎて困る。
日常生活に支障をきたしている。
という人が、

もしも、
問題を本当に解決したいというのであれば、
お酒を取り上げるのではなく、
お酒を飲む理由になっている、
心理的問題の方を解決した方が早いということ。


お酒って、味が「好き」だから飲むだけではなくて。
あの、ぱあ〜〜っと気分が高揚する感じを求めて
飲むんですよね。

私も「飲んで、ゆるめて、パーっとした気分になりたい!」
って前はよく思ってました。


このような方法を使って
刺激や高揚、多幸感を求めるのは、
逆にいうと、
日常が辛いことで占められていたり
本人にとってストレスフルな状況があるから。


嗜癖におぼれる心理的理由で考えられるのは、
ざっとあげるとこの3つ。

①トラウマによる過覚醒状態をやわらげるため
(過去のつらい記憶にフタをするため)

②日常のつらい出来事から逃避するため

③家族の嗜癖(生き方)を受け継いでいるため

①トラウマによる過覚醒状態をやわらげるため
(過去のつらい記憶にフタをするため)

これは、体が常にトラウマ体験の真っただ中にいると
イメージしてもらうといいと思います。

そういう方は
過覚醒で、体を緊張させていることが多いです。

例えば、
面前DV、暴力、虐待、教育虐待、過干渉などが
当たり前の家庭に育つと

体をゆるめることが命の危機につながります。

そのため日常の生活から
身を固め
いつでも反応できるように
臨戦態勢でいることが
通常運転になっています。

なので、

気が張って疲れる、
飲んでも酔えない、
眠れない、
眠りが浅い、

などの感覚を持っていて
アルコールを大量に摂取してしまうことに
つながっているのではないかと思います。

もう、体をゆるめても命の危険はないよ
安心してもいいよ
と、体から安心させることが解決につながります。

②日常のつらい出来事から逃避するため

日常の感じたくない
何かしらのつらい気持ちを
ごまかしたり、
一時的に発散させるための飲酒。

日常のつらい出来事は、
時期や環境や人が変化すると変わることもありますが、
その大元には、生き方のくせや、考え方、価値観が影響しています。

それらが生きづらさを生むものであれば
同じパターンでつらい出来事がくり返し起こります。

「我慢して支配を受け入れないと、居場所がない」
「自分を出したら、見捨てられて生きていけない」
「がんばり続けなければ、無価値になる」
「人を喜ばせていないと、孤独になる」

など……

自分を抑圧する無意識の価値観は、
日常的なつらさを生み出します。

これらの価値観は
お父さんお母さん、家族から子どもの頃に
無意識にのみ込んできています。

それらを整理することで、
日常的な生きづらさがうすれ
過度な飲酒も必要がなくなっていくものと思われます。

③家族の嗜癖(生き方)を受け継いでいるため

親がアルコール依存の人は、
そうでない人よりも
自身も依存症になる確率が高まるように、

親の生き方が世代間連鎖して、飲酒に傾倒することもあります。

②にも通じますが、
親の生き方を無意識に丸のみにしていたり

親の生き方を真似ることで
親との一体感を感じられるからです。

私は、母がお酒を飲んでつぶれている姿を記憶していて、
その姿をトレースするように飲んでいた時があります。

親で一緒であることの安心感や
家族の一員である感覚があるのですよね。

自分を粗末に扱ってまでも
受け継ぐものではないですよね。


これらの心理的要因を解決していくと、
お酒も自然といらなくなってくるということ。
純粋に楽しむだけでいいようになっていきます。

私も3つともセラピーで扱ってきて
いつの間にやら
必要なくなっていきました。

アルコール、ドラッグ、恋愛、SNS…
依存は多岐に渡りますが、
全般に共通することだと思います。

依存症は脳の異常であることもあるので
それとは別で

心理的な苦しさから逃避し、
日常をぼやかすために
使われているのであれば

まずはその日常の苦しさをガン見することで
解決の道が見えてくるかもしれません。

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで